現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

花外楼の人・歳時記

特別編  190年の伝統 「花の内」の心づくし見えた1年

土佐堀川(大川)を背景に、涼しげな夏の料理が学ぶ(南雲都撮影)
土佐堀川(大川)を背景に、涼しげな夏の料理が学ぶ(南雲都撮影)

約190年前に創業し、関西の歴史と文化を紡いできた大阪・北浜の料亭、花外楼(かがいろう)。維新の元勲や経済界の逸材たちが愛した四季折々の心づくしの料理と絵画は、昔も今も訪れる人を引きつけてやまない。ときには日本の国のかたちを決める会議の場となり、料亭の枠を超えた近代史の生き字引だ。1年にわたりその姿を伝えてきた記者が「花外楼」を振り返る。

客こそ花 誇りと品

「かがい(加賀伊)」に「花外」という字をあてた木戸孝允の発想は、とても風雅だったと思う。

ランキング

  1. 元祖「ネコ型パン」のベーカリーが6月閉店 販売は継続へ

  2. 【奈良女児不明】小6女児を無事保護、監禁容疑で26歳の無職男逮捕 発見時、女児の両手に結束バンド

  3. 【小林繁伝】「第2の戦略」へ…命運分けた休憩時間 虎番疾風録其の四(54)

  4. 高級腕時計店にトラックで突っ込む 窃盗容疑で男3人逮捕

  5. 【小林繁伝】契約金引き上げで、もめた入団交渉 虎番疾風録其の四(55)

  6. 滋賀医大生2人逮捕 女子大生に性的暴行疑い

  7. 【関西の議論】「太陽光パネルで熱中症」〝室温52度〟わが家は地獄に変わった!? 再生可能エネルギーは迷惑施設なのか

  8. 製造業支援へ気概示せ 大阪「正論」懇話会 加藤康子氏講演要旨

  9. 「重信房子」がいたあの時代 デモ、バリケードの「政治の季節」

  10. 【ぬぐえぬ影 連続児童殺傷20年(上)】「命がけで来てんだよな」元少年A、直撃の文春記者に態度豹変 闇に消えたのは「モンスター」なのか

会員限定記事