坂本初V、日本勢6人目 樋口11位、来年3枠確保

フィギュアスケートの世界選手権女子で初優勝し、笑顔を見せる坂本花織(中央)=25日、モンペリエ(共同)
フィギュアスケートの世界選手権女子で初優勝し、笑顔を見せる坂本花織(中央)=25日、モンペリエ(共同)

フィギュアスケートの世界選手権第3日は25日、フランスのモンペリエで行われ、女子で北京冬季五輪銅メダルの坂本花織(シスメックス)がショートプログラム(SP)に続いてフリーも1位の155・77点を出し、自己ベストの合計236・09点で初制覇した。日本勢で2014年大会の浅田真央以来8年ぶりで6人目。

フィギュアスケートの世界選手権女子で初優勝した坂本花織=モンペリエ(ロイター=共同)
フィギュアスケートの世界選手権女子で初優勝した坂本花織=モンペリエ(ロイター=共同)

ルナ・ヘンドリックス(ベルギー)が合計217・70点で2位。樋口新葉(明大)は合計188・15点で11位、初出場の河辺愛菜(木下アカデミー)は合計182・44点で15位。日本は上位2人の順位合計が「13」以内となり、来年の世界選手権(さいたま市)の出場枠で最大3を確保した。

アイスダンスのリズムダンス(RD)で村元哉中、高橋大輔組(関大KFSC)は67・77点で15位。北京五輪金メダルのガブリエラ・パパダキス、ギヨーム・シゼロン組(フランス)が世界最高を更新する92・73点で首位に立った。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細