フォト特集

「核使用あってはならず」 首相、米大使と広島訪問

広島市の原爆資料館を訪れ、オバマ大統領が寄贈した折り鶴を見つめるエマニュエル駐日米大使(手前右)と岸田首相=26日午後3時18分(代表撮影)
広島市の原爆資料館を訪れ、オバマ大統領が寄贈した折り鶴を見つめるエマニュエル駐日米大使(手前右)と岸田首相=26日午後3時18分(代表撮影)

岸田文雄首相は26日午後、米国のラーム・エマニュエル駐日大使と共に広島市の原爆資料館を視察し、平和記念公園の慰霊碑に献花した。首相はウクライナ情勢に関し「ロシアによる核兵器使用の可能性が深刻に懸念されている。唯一の戦争被爆国として核兵器の威嚇や使用は絶対あってはならない」と記者団に述べた。大使は、バイデン米大統領が被爆地の広島か長崎を訪れたいとの意向を示すのではないかと記者団に語った。

広島市を訪問し、平和記念公園の原爆慰霊碑に献花する岸田首相。左はエマニュエル駐日米大使=26日午後
広島市を訪問し、平和記念公園の原爆慰霊碑に献花する岸田首相。左はエマニュエル駐日米大使=26日午後

首相と駐日米大使は広島訪問で、核戦力をちらつかせて威嚇するプーチン大統領をけん制し、核軍縮や核不使用の重要性を訴えた形だ。

首相は「核兵器の惨禍を二度と繰り返してはならない。こうした強い思いを改めて確認する」と記者団に強調した。

大使は記者団に「私の旅路は広島で終わるものではなく、長崎に行かないと終わらない」と話し、長崎訪問の意欲を示した。


広島市を訪問し、平和記念公園の原爆慰霊碑に献花するエマニュエル駐日米大使。右端は岸田首相=26日午後
広島市を訪問し、平和記念公園の原爆慰霊碑に献花するエマニュエル駐日米大使。右端は岸田首相=26日午後
広島市の平和記念公園を訪れた岸田首相(左から2人目)とエマニュエル駐日米大使(右から3人目)=26日午後
広島市の平和記念公園を訪れた岸田首相(左から2人目)とエマニュエル駐日米大使(右から3人目)=26日午後
広島市の原爆資料館で記念撮影に応じる岸田首相夫妻(左側)とエマニュエル駐日米大使夫妻=26日午後
広島市の原爆資料館で記念撮影に応じる岸田首相夫妻(左側)とエマニュエル駐日米大使夫妻=26日午後
エマニュエル駐日米大使(右)と言葉を交わす岸田首相=26日午後、広島市の原爆資料館
エマニュエル駐日米大使(右)と言葉を交わす岸田首相=26日午後、広島市の原爆資料館
広島市の原爆資料館を訪れ、オバマ米元大統領が寄贈した折り鶴を見るエマニュエル駐日米大使(右端)。左隣は岸田首相=26日午後
広島市の原爆資料館を訪れ、オバマ米元大統領が寄贈した折り鶴を見るエマニュエル駐日米大使(右端)。左隣は岸田首相=26日午後
原爆資料館で展示されているオバマ大統領が寄贈した折り鶴=26日(代表撮影)
原爆資料館で展示されているオバマ大統領が寄贈した折り鶴=26日(代表撮影)
会談に臨む岸田首相(左)とエマニュエル駐日米大使=26日午後、広島市の原爆資料館(代表撮影)
会談に臨む岸田首相(左)とエマニュエル駐日米大使=26日午後、広島市の原爆資料館(代表撮影)
岸田首相(左)と会談するエマニュエル駐日米大使=26日午後、広島の原爆資料館(代表撮影)
岸田首相(左)と会談するエマニュエル駐日米大使=26日午後、広島の原爆資料館(代表撮影)

会員限定記事会員サービス詳細