深層リポート

長野発 災い転じ生き物に優しい水辺へ 「流域治水」機に変わる川

長野県上田市を流れる千曲川。防災強化とともに、川の豊かさを取り戻すことが求められている(原田成樹撮影)
長野県上田市を流れる千曲川。防災強化とともに、川の豊かさを取り戻すことが求められている(原田成樹撮影)

国が令和2年に導入した「流域治水」の概念により、ダムや堤防で囲った中だけでなく、田んぼや緑地なども含めた流域全体で暴れる水をなだめることになり、合わせて生態系保護の視点が強調された。元年の台風19号で想定を超す水が流れ込んだ国内最長の千曲川(信濃川)では、現在、河川整備計画の見直しが進められているが、この精神を尊重した追記が随所にみられる。人命や財産を守るだけでなく、生き物の住みやすさも両立する水辺づくりが本格化している。

今世紀末に流量1・2倍

千曲川は長野県の東端から北へ流れ、新潟県で信濃川に名前を変え日本海にそそぐ。全長367キロは全国1位、流域面積で3位の国を代表する大河だ。川は、ときに荒れ狂うが、平時は水生植物や魚類を育て、昆虫や鳥が周辺の里山と行き来することで、物質を循環させる生命の源だ。

温暖化の影響で、今世紀末の気温が産業革命前からプラス2度に抑えられた場合でも、降雨量は1・1倍に増え、川への流水量は1・2倍になるとの試算がある。堤防を高くし、土砂をえぐる対策はいずれ行き詰まる。そこで令和2年7月、国土交通省は「流域治水」を導入。流域の関係者全員が協力して防災・減災に取り組むという概念だ。

また、3年春の特定都市河川法改正時には衆参両院の付帯決議に「グリーンインフラの考えの推進」や「生態系ネットワークの形成」などの言葉が盛り込まれた。河川整備において、生態系を重視する機運が一気に高まった。

鳥や魚の生息環境再生

こうした環境下で作成された千曲川の整備計画の変更原案には「コアジサシ等の生息・繁殖環境である砂礫(されき)河原に代表される不安定帯を再生」「アユ等が生息する瀬や淵、動植物の生息・生育・繁殖環境として重要なワンドの保全・創出」などと随所に生態系への配慮方針が追記された。現在、パブリックコメント募集中だ。

今年1月、長野県の上田市、千曲市など4自治体による「千曲川の恵みを取り戻す会」が結成された。鳥や昆虫、淡水魚の専門家も加わり、外来魚駆除、在来魚の復活などで「アユ釣りの聖地」としての復権を目指す。

会員限定記事会員サービス詳細