元KAT―TUNの男保釈 覚醒剤使用罪で追起訴

保釈され、報道陣に向かって謝罪の言葉を述べる田中聖被告=25日午後6時41分、名古屋・中署
保釈され、報道陣に向かって謝罪の言葉を述べる田中聖被告=25日午後6時41分、名古屋・中署

名古屋地検は25日、覚醒剤を使用したなどとして、覚醒剤取締法違反(使用、所持)と医薬品医療機器法違反の罪で、アイドルグループ「KAT―TUN」の元メンバーで音楽家の田中聖被告(36)=千葉県柏市=を追起訴した。田中被告は同日、勾留先の愛知県警中署から保釈された。

名古屋地裁が保釈を認める決定をした。保釈保証金は300万円。

田中被告は午後6時40分ごろ、中署の正面玄関を出た。黒のスーツ姿で、報道陣の前でマスクを取ると「申し訳ありませんでした」と10秒ほど深々と頭を下げた。署の周辺には人だかりができ、一時騒然となった。

保釈され、頭を下げる田中聖被告=25日午後、名古屋・中署
保釈され、頭を下げる田中聖被告=25日午後、名古屋・中署

起訴状などによると、2月24日ごろ、名古屋市中区のホテルで覚醒剤を使用し、同日に覚醒剤の所持容疑で逮捕された際、覚醒剤と指定薬物を含む液体を所持したとしている。

地検は、1月30日に名古屋市内のホテルで覚醒剤約0・16グラムを所持したとして、3月17日に覚醒剤取締法違反(所持)罪で田中被告を起訴していた。

■元「KAT―TUN」の田中聖 逮捕 覚醒剤所持で

会員限定記事会員サービス詳細