男子高校生重傷 パトカー追跡のバイク事故 広島

25日午前0時40分ごろ、広島県福山市田尻町の県道で、福山西署のパトカーが追跡していたバイクが転倒し、運転していた同市の男子高校生(17)が鎖骨を折る重傷を負って入院した。

署によるとパトカーは、違法改造の疑いがあるバイクが方向指示器を出さずに車線変更、停止の指示に従わなかったため、約20秒にわたり追跡した。一時見失ったが、その後、歩道に乗り上げ転倒したバイクを発見した。署は「事故原因を調査して適正に対応していく」とコメントした。

会員限定記事会員サービス詳細