北発射に秋田知事「真剣にミサイル防衛考えないと」

北朝鮮のミサイル発射について報道陣の質問に答える秋田県の佐竹敬久知事=24日、秋田県庁
北朝鮮のミサイル発射について報道陣の質問に答える秋田県の佐竹敬久知事=24日、秋田県庁

秋田県の佐竹敬久知事は24日、北朝鮮から日本海側に発射された弾道ミサイルについて「被害はないと聞いているが、非常に遺憾だ。ウクライナ侵攻をめぐり北朝鮮はロシアと組んで日本を威嚇しているのだろう。金正恩(キム・ジョンウン)総書記は抗議しても聞く相手ではないので、やっかいだ」と強く批判した。

今回のミサイルは約71分間飛翔(ひしょう)したが、佐竹氏は「(早ければ)発射から着弾まで25秒からせいぜい1分。これでは避難もできない。仮に核弾頭を搭載していれば甚大な被害が広範囲に及ぶ。日本は真剣にミサイル防衛を考えないといけない」と指摘した。

会員限定記事会員サービス詳細