仏議会でも演説 ゼレンスキー大統領、仏企業にロシア市場撤収求める

【ワルシャワ=三井美奈】ウクライナのゼレンスキー大統領は23日、日本の国会に続き、フランスの国会でオンライン演説した。仏自動車大手ルノーなど、ロシアで事業を続ける仏企業の名前を列挙し、「ロシア市場から撤収すべきだ。戦争を支えるのを止めるべきだ」と要求した。

ゼレンスキー氏は、ウクライナ東部マリウポリなどでは、女性や子供が犠牲になっていることに言及。仏議員らは立ち上がり、演説途中、犠牲者に黙禱(もくとう)をささげた。ゼレンスキー氏は、ロシア軍の侵攻は、フランスの国是である「自由、平等、友愛」という価値観に戦争を仕掛けたものだとも述べた。

会員限定記事会員サービス詳細