鑑賞眼

宝塚歌劇団月組「今夜、ロマンス劇場で」 美しさと安定感の新トップコンビ

月組新トップ、月城かなとと海乃美月の大劇場お披露目公演は、笑いあり涙ありのファンタジー作品で「芝居の月組」の総合力を発揮し、上々の滑り出しを見せた。

ミュージカル「今夜、ロマンス劇場で」(小柳奈穂子脚本・演出)は、2018年に綾瀬はるかと坂口健太主演で公開された同名映画の舞台化。1960年代の古き良き映画界を舞台に、映画助監督の牧野健司(月城)が、偏愛するモノクロ映画「お転婆姫と三獣士」から現実世界に飛び出してきたヒロイン、美雪(海乃)と出会う、切ない恋物語だ。

月城演じる健司は、宝塚のトップが演じるには珍しい、さえない青年役で、撮影現場でヘマを連発。オンボロ下宿に〝お転婆姫〟美雪を迎え、奇妙な同居生活が始まっても、振り回されっぱなしで終始、周囲に頭を下げ、敬語を使い続ける。ところが、こうしたイケてない男を、宝塚の正統派男役の月城がオーラを消し去って演じると、そのギャップがむしろ新鮮なのだ。

また海乃演じる美雪も、宝塚のヒロインの枠を超えた役で、男言葉で命令口調。行く先々で嵐のような騒動を起こすが、こちらも入団11年目で演技力に定評のある海乃が本領を見せ、弾けた天真爛漫(らんまん)さが魅力的で、それに翻弄される健司との、息の合った芝居が心地いい。

劇中の映像の使い方がうまく、銀幕の向こうのモノクロ世界と、現実の色鮮やかな世界を対比させた演出。住む世界が違う2人だが幕切れ、健司が銀幕の向こうのモノクロ世界に入って、りりしい王子となって美雪と結ばれると、一気に色彩美あふれる宮廷場面となって幸福感も頂点に。男性版シンデレラのような月城の鮮やかな変貌が、新トップ誕生に重なってみえた。

会員限定記事会員サービス詳細