現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

正論

「プーチン的帝国主義」の背景 青山学院・新潟県立大 名誉教授・袴田茂樹

袴田茂樹氏
袴田茂樹氏

情報機関出身のプーチン大統領だが、ウクライナ侵攻決断の認識は甘過ぎた。数日内にキエフ陥落、ゼレンスキー政権を「ネオナチ」として排除するとの計画は、予想外の抵抗に遭っている。

その背景には、2014年の軍事力による無血の「クリミア併合」の経験の過信および、コメディアン出身で戦争という重大問題には対処できないと軽く見ていたゼレンスキー氏の、死を賭した頑強な抵抗と雄弁な国際活動で、ウクライナ国民の士気や世界のプーチン批判・ウクライナ支援が一気に高まった事などがある。

人格急変したわけではない

ランキング

  1. 【佐藤優の世界裏舞台】「政治と宗教」非難の結末

  2. 【新聞に喝!】ペロシ氏訪台「自制すべきは米国」に違和感 日本大教授・小谷賢

  3. 【主張】日野自動車の不正 トヨタも重い責任を負う

  4. 【産経抄】8月14日

  5. 【正論】「太陽光発電」はもう要らない キヤノングローバル戦略研究所研究主幹・杉山大志

  6. 【直球&曲球】野口健 「自分の国は自分で守る」覚悟と行動

  7. 【産経抄】8月13日

  8. 【主張】原発の攻撃拠点化 「核の盾」は大惨事を招く

  9. 【主張】法隆寺への支援 ネットの縁を未来へ繫げ

  10. 【記者発】漫画「ちはやふる」が残したもの 文化部・本間英士

会員限定記事