ウクライナ大統領演説

「侵略者に強い注意必要」

ウクライナのゼレンスキー大統領のオンラインでの国会演説が終わり拍手をする岸田文雄首相ら=23日午後、国会内(矢島康弘撮影)
ウクライナのゼレンスキー大統領のオンラインでの国会演説が終わり拍手をする岸田文雄首相ら=23日午後、国会内(矢島康弘撮影)

ウクライナのゼレンスキー大統領は23日夕のオンラインによる国会演説で「ロシアによるウクライナ攻撃で世界が不安定になっている。これからも戦争をやりたいという侵略者に対して強い注意をしなくてはならない。強いメッセージが必要だ」と訴えた。

また「アジアで初めてロシアに圧力をかけたのが日本だ。制裁の発動の継続もお願いしたい」と求めた。「ウクライナの復興も考えなくてはならない。避難した人たちがふるさとに戻れるようにしなくてはならない。日本のみなさんもそういう気持ちがわかると思う」とも語った。

>【ウクライナ大統領演説】 「日本の援助に心から感謝」

>【ウクライナ大統領演説】 露がサリンなど化学兵器攻撃準備

>【ウクライナ大統領演説】安保理機能不全指摘 国連改革求める

>【ウクライナ大統領演説】侵攻予防のツール作り「日本のリーダーシップが大きな役割」

会員限定記事会員サービス詳細