共産と候補者調整せず 国民代表、参院選1人区

国民民主党の玉木雄一郎代表(矢島康弘撮影)
国民民主党の玉木雄一郎代表(矢島康弘撮影)

国民民主党の玉木雄一郎代表は22日の記者会見で、参院選の改選1人区で共産党と候補者調整を行わないと表明した。立憲民主党との候補者調整については、現状競合している宮崎選挙区を念頭に「選対レベルで既に協議は始まっている」と説明。「調整が進めばいい。県連の意向を尊重する」と期待を示した。

会員限定記事会員サービス詳細