高校野球で誤審、審判が異例の謝罪「私たちの間違い」

【広陵-敦賀気比】四回、判定をめぐり協議する審判団=3月20日、甲子園球場(斉藤友也撮影)
【広陵-敦賀気比】四回、判定をめぐり協議する審判団=3月20日、甲子園球場(斉藤友也撮影)

選抜高校野球大会第2日は20日、第1試合の広陵(広島)-敦賀気比(福井)で、球審が誤審を認めて場内アナウンスで異例の謝罪を行った。

四回裏の広陵の攻撃で、無死一塁から大山が一塁線へ送りバントを試みた。ラインぎりぎりに転がり、ファウルと思われた打球はフェアゾーンに戻った。これを見た球審はフェア判定。打者走者は一塁でアウトになったが、二塁の塁審のファウルのジェスチャーを見た一塁走者は二塁への走塁をやめたため、一、二塁間で挟まれアウトになった。

その後、4人の審判が協議を行い、二塁塁審に誤審があったとし、犠打による走者の二塁進塁が認められた。判定後、尾崎球審は場内アナウンスで状況を説明し、「私たちの間違い。止めたランナーを二塁に進めて再開します。大変申し訳ありません」と謝罪した。

試合後、窪田大会審判副委員長がオンラインで会見。「ミスはあってはならないが、正しい方向へ進めたその後の処置はよかったと思う」とコメント。プロ野球などで行われているビデオ判定については「関係者がたくさんいる。何とも言えない」と話すにとどまった。

試合は9-0で広陵が勝利した。

会員限定記事会員サービス詳細