フォト特集

山口茜が初優勝 バドミントン全英オープン

女子シングルスで初優勝しトロフィーを手に笑顔の山口茜=バーミンガム(ロイター=共同)
女子シングルスで初優勝しトロフィーを手に笑顔の山口茜=バーミンガム(ロイター=共同)

バドミントンの全英オープン最終日は20日、英国のバーミンガムで各種目の決勝が行われ、女子シングルスは昨年12月の世界選手権覇者で第2シードの山口茜(再春館製薬所)が第4シードの安洗塋(韓国)にストレート勝ちし、初優勝を果たした。

「数ある大会の中で伝統があり、他とは違った価値がある」と位置付けていた舞台で、圧倒的な強さを発揮した。 「何度も出場してタイトルに手が届かなかった大会で、うれしい」と栄冠の余韻に浸った。

決勝は20歳の新鋭との対戦だった。「若いけれど、世界のトップ選手。向かっていく」と受け身にはならず、多彩なショットで揺さぶって1ゲーム目を21―15で先取した。ミスが増える相手と対照的に、2ゲーム目も抜群のフットワークで主導権を手放さなかった。(共同)

女子シングルス決勝で韓国選手と対戦する山口茜=バーミンガム(AP)
女子シングルス決勝で韓国選手と対戦する山口茜=バーミンガム(AP)
女子シングルス決勝で韓国選手と対戦する山口茜=バーミンガム(ロイター)
女子シングルス決勝で韓国選手と対戦する山口茜=バーミンガム(ロイター)
女子シングルス決勝で韓国選手を下し、喜ぶ山口茜=バーミンガム(AP)
女子シングルス決勝で韓国選手を下し、喜ぶ山口茜=バーミンガム(AP)
女子シングルス決勝で韓国選手を下し、初優勝した山口茜=バーミンガム(AP)
女子シングルス決勝で韓国選手を下し、初優勝した山口茜=バーミンガム(AP)


会員限定記事会員サービス詳細