池袋遺族中傷、関与認める 20代男、警視庁が任意聴取

警視庁=東京都千代田区
警視庁=東京都千代田区

東京・池袋で2019年4月に起きた車暴走事故で妻子を亡くした松永拓也さん(35)が、会員制交流サイト(SNS)で誹謗(ひぼう)中傷された事件で、警視庁が侮辱容疑で愛知県の20代の男を任意で事情聴取したことが20日、捜査関係者への取材で分かった。関与を認めているという。

捜査関係者などによると、11日に松永さんのツイッター投稿に対し、匿名アカウントから「金や反響目当てで闘っているようにしか見えませんでした」などと書き込みがあった。警視庁の捜査で男が浮上。19日に聴取し、自宅を家宅捜索した。押収した携帯電話を解析し裏付けを進める。

書き込みは削除されており、同一人物とみられるアカウントから謝罪したいとの連絡があったが、松永さんが実名を明かすよう求めると返信がなくなったという。

会員限定記事会員サービス詳細