色鮮やかな花、森に彩り 奄美大島のウジルカンダ

鹿児島県・奄美大島で咲き始めた「ウジルカンダ」の花=20日午後
鹿児島県・奄美大島で咲き始めた「ウジルカンダ」の花=20日午後

鹿児島県・奄美大島で、マメ科植物「ウジルカンダ」の花が咲き始めた。薄緑、ルビー、薄紫の色鮮やかな花が数多く垂れ下がり、新緑の森に彩りを添えている。奄美大島では南部に多く自生し、3月下旬~4月初旬が見頃。

「イルカンダ」とも呼ばれ、他の樹木につるを巻き付けて枝や葉を広げる。カラフルな花が連なって咲く様子はシャンデリアのようにも見え、観光客らに人気だ。

鹿児島県・奄美大島で咲き始めた「ウジルカンダ」の花=19日
鹿児島県・奄美大島で咲き始めた「ウジルカンダ」の花=19日

近所に自生しているという奄美市住用町の和田美智子さん(78)は「春休みの頃に咲き、毎年見るのが楽しみ。花が豪華で最初に見た時は『こんな花があるのか』と驚いた」と話した。

会員限定記事会員サービス詳細