黄と青の服、意図は? ISSにロシア人宇宙飛行士到着

18日に打ち上げられたソユーズ宇宙船で国際宇宙ステーション(ISS)に到着したロシア人宇宙飛行士3人が、ウクライナ国旗に使われる黄色と青色の飛行服を着用していたと米メディアが伝えた。ロシアの飛行士がISSに到着したのはウクライナ侵攻後、初めて。黄と青の選択は意図的だったのではないかとの臆測も出ている。

3人は黄色を基調に一部が青色のスーツを着用。ソユーズがISSにドッキングしようとした時の映像では、別のスーツを着ていた。着替えた理由は不明だが、飛行士の1人はそれぞれが自分でスーツを選ぶとした上で「黄色の素材がたくさんあり、使う必要があった」と説明した。

だが、米紙は最近のロシアの宇宙飛行士がさまざまな色を使った飛行服を着てきたため、黄と青の着用は「偶然とは思えない」と指摘した。(共同)

国際宇宙ステーションで歓迎されるロシアの宇宙飛行士ら=18日(ロスコスモス提供・AP=共同)
国際宇宙ステーションで歓迎されるロシアの宇宙飛行士ら=18日(ロスコスモス提供・AP=共同)

会員限定記事会員サービス詳細