陸自が給水支援 震度6強の宮城・福島

悪天候の中、給水支援をする陸上自衛隊=18日午前10時6分、福島県南相馬市
悪天候の中、給水支援をする陸上自衛隊=18日午前10時6分、福島県南相馬市

東北地方を中心とする16日の地震で最大震度6強を観測した宮城、福島両県では18日、悪天候が予想される中、陸上自衛隊による給水など、被災者が日常生活を取り戻すための支援が続けられた。

災害派遣要請を受けた陸自は、宮城県栗原市などで給水支援。約1500戸が断水した瀬峰地区では、1トンの水を積んだタンクトレーラー1台が到着し、午前6時に自衛隊員3人が給水場を開設した。近所の農業後藤福男さん(71)は4リットルのペットボトル7本を持参して給水場を訪れた。18日朝に自宅の水道が急に使えなくなったという。「水はトイレや入浴に必要。復旧まで何日かかるか分からないので困っていた。自衛隊が家のすぐ近くまで来てくれてありがたい」と安堵の表情を見せた。

悪天候の中、給水を待つ人の列=18日午前10時17分、福島県南相馬市
悪天候の中、給水を待つ人の列=18日午前10時17分、福島県南相馬市
給水場で住民(左)の持参したポリタンクなどに水をくむ自衛隊員=18日午前9時25分、宮城県栗原市
給水場で住民(左)の持参したポリタンクなどに水をくむ自衛隊員=18日午前9時25分、宮城県栗原市
陸上自衛隊による給水を利用する住民=18日午前9時5分、宮城県栗原市
陸上自衛隊による給水を利用する住民=18日午前9時5分、宮城県栗原市
雨が降る中、屋根にブルーシートを張る男性=18日午前9時16分、福島県相馬市
雨が降る中、屋根にブルーシートを張る男性=18日午前9時16分、福島県相馬市


会員限定記事会員サービス詳細