皇室ウイークリー

(735)愛子さま、にこやかに初のご会見 悠仁さま、充実の3年間をご回想

成年に当たり、記者会見に臨まれる天皇、皇后両陛下の長女、敬宮愛子さま=17日午後2時23分、皇居・御所(桐原正道撮影)
成年に当たり、記者会見に臨まれる天皇、皇后両陛下の長女、敬宮愛子さま=17日午後2時23分、皇居・御所(桐原正道撮影)

天皇、皇后両陛下は東日本大震災の発生から11年となった11日、長女の敬宮(としのみや)愛子さまとともに、皇居・御所で黙禱(もくとう)された。上皇ご夫妻も同日、お住まいの仙洞(せんとう)仮御所(東京都港区)で、発生時刻の午後2時46分に合わせてご黙禱。宮内庁によると、秋篠宮ご一家も東日本大震災をはじめとする大規模な災害や事故の発生した日には、慰霊の気持ちを表されている。

愛子さまは17日、成年に当たり、御所で初めての記者会見に臨まれた。愛子さまは会見に先立ち、天皇陛下から緊張を和らげる方法として「お一人お一人の顔を見ながら、目を合わせつつ、自分の伝えようという気持ちを持って話していくというのがコツ」とご助言を受けたとのエピソードをご紹介。淡い緑色の洋服を着用した愛子さまは、「少し実践できている」とし、手元の紙をほとんど見ることなく、笑顔を浮かべながら語りかけるように質問に応えられた。

静養のため須崎御用邸を訪れ、貝殻を手に笑顔を見せられる天皇、皇后両陛下と長女の敬宮愛子さま=平成30年8月16日午後、静岡県下田市
静養のため須崎御用邸を訪れ、貝殻を手に笑顔を見せられる天皇、皇后両陛下と長女の敬宮愛子さま=平成30年8月16日午後、静岡県下田市

両陛下との思い出を問われ、ご一家で滞在された須崎御用邸(静岡県下田市)で海を泳ぎながら魚を見たり、海面に浮かべたサーフボードにお三方で座ろうとして落下したりしたことなど「お話しし始めると日が暮れてしまうかもしれません」とユーモアを交えて振り返られた。

一方、昨年10月に結婚した秋篠宮ご夫妻の長女、小室眞子さんについては、「物心付いたときには既に頼りになるお姉様のような存在で、周りを見渡し、自ら率先してお手伝いをされる姿が特に印象に残っております」とご回顧。「いつも変わらず明るく、優しく接していただいたことを有り難く思うとともに、従姉妹(いとこ)として、末永いお幸せをお祈りしております」と述べられた。

成年に当たり、記者会見に臨まれる天皇、皇后両陛下の長女、敬宮愛子さま=17日午後2時22分、皇居・御所(桐原正道撮影)
成年に当たり、記者会見に臨まれる天皇、皇后両陛下の長女、敬宮愛子さま=17日午後2時22分、皇居・御所(桐原正道撮影)

会員限定記事会員サービス詳細