露軍、1000発以上のミサイル 東部イジュムを制圧

黒煙が立ち上るウクライナ・ハリコフ=17日(ロイター)
黒煙が立ち上るウクライナ・ハリコフ=17日(ロイター)

米国防総省高官は17日の電話記者会見で、ロシア軍がウクライナ侵攻後に発射したミサイルが1千発以上に達したとの分析を明らかにした。ロシア軍はウクライナ第2の都市ハリコフの南東に位置する東部イジュムを制圧した。部隊は南下し、南東部マリウポリに向かっていると考えられるという。

高官によると、首都キエフ周辺のロシアの進軍状況は基本的に変化がなく、中心部から北西約15キロなどにとどまっている。ロシア軍は長距離砲による攻撃を続けている。

高官は、ロシア軍の一部の部隊では「士気が高くない」と指摘した。また、民間人や民間インフラへの攻撃が増加しているという。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細