候補一本化調整申し入れへ 立民・泉代表、18日に3党首と会談

立憲民主党の泉健太代表(矢島康弘撮影)
立憲民主党の泉健太代表(矢島康弘撮影)

立憲民主党の泉健太代表は18日、夏の参院選に向け、共産、れいわ新選組、社民の3党党首とそれぞれ会談する。改選1人区の野党候補一本化に向けた調整を申し入れる。停滞していた野党共闘体制の構築が進む可能性がある。複数の関係者が17日、明らかにした。

会談は立民側が呼び掛けた。社民党は福島瑞穂党首と泉氏の党首会談を18日午後、国会内で開くと発表した。泉氏は共産の志位和夫委員長、れいわの山本太郎代表とも個別に会談する。

関係者によると、共産は1人区の候補者調整をめぐり、立民に対し「今月上旬」との期限を設けて公式協議に応じるかどうかの回答を求めていた。

会員限定記事会員サービス詳細