横浜のジャズバー 人気ドラマのロケで再注目

数々のドラマや映画の舞台となった同店。なかでも注目を集めたドラマが昭和末期に放送された「あぶない刑事」だった。

同店が登場したのは昭和62年4月の第26回放送。ドラマの中でもそのままジャズバーとして使われ、俳優の舘ひろしさん、柴田恭兵さん、浅野温子さんが演じる刑事らが酒を酌み交わすシーンが話題を呼び、同店に客が押し寄せる契機となった。

店舗のショーウインドーにはいまもドラマのポスターが掲示されており、放送から30年以上たった現在も、インターネットなどの情報をもとに訪れる「あぶない刑事」ファンが少なくないという。近隣でシューティングバー「PEACH・PIT(ピーチピット)」を経営する春日部絢也さん(45)も常連客の一人。「ドラマを通して店舗を知り、雰囲気の良さに引かれて通い始めた」と話している。

「横浜らしさ」魅力

春日部さんをはじめ、同店のファンの多くは店舗の魅力について、「横浜らしさにある」と口をそろえる。横浜中華街が近く、ジャズが流れている古い店舗は横浜を象徴するジャズバーのイメージに重なるようだ。

同店は横浜のジャズ文化の発展に尽力した経済人の鶴岡博氏(故人)が昭和59年に創業した。入り口には赤いネオンランプが光り、店内では1、2階をつなぐ大きならせん階段が目を引く。カウンターの縁や足元には真鍮(しんちゅう)を用いて重厚感を出すなど、内装は随所に趣向が凝らされている。

竹内さんは「数少ない大人の社交場。関内にあるべき店という矜持(きょうじ)を持って経営している。先代の遺志を継ぎ、ジャズ文化の発信と周辺の活性化に努めたい」と意気込み、コロナ収束後のジャズライブの再開に期待を込めている。

会員限定記事会員サービス詳細