「ひどい戦争」 鎮魂の祈り、ウクライナの教会で軍人4人の葬儀 

ロシア軍の攻撃で死亡したウクライナ軍人のひつぎを運び込む兵士ら=15日、ウクライナ西部リビウの聖ペトロ・パブロ教会(共同)
ロシア軍の攻撃で死亡したウクライナ軍人のひつぎを運び込む兵士ら=15日、ウクライナ西部リビウの聖ペトロ・パブロ教会(共同)

ウクライナ西部リビウにあるカトリック教会で15日、ロシア軍の攻撃で死亡したウクライナ軍人4人の葬儀が営まれた。遺族は悲しみに暮れ、参列した千人近い兵士や市民らは、祖国のため命を落とした兵士に鎮魂の祈りをささげた。

15日午前、リビウ中心部の聖ペトロ・パブロ教会の前に兵士らが4人の遺影を持って整列した。13日にミサイル攻撃を受けたリビウ近郊の基地にいた大佐と、少佐3人だという。赤いバラや黄色いチューリップの花を持った市民らが見守る中、兵士が四つのひつぎを担いで教会に運び込んだ。(共同)

ロシア軍の攻撃で死亡したウクライナ軍人のひつぎを運び込む兵士=15日、ウクライナ西部リビウの聖ペトロ・パブロ教会(共同)
ロシア軍の攻撃で死亡したウクライナ軍人のひつぎを運び込む兵士=15日、ウクライナ西部リビウの聖ペトロ・パブロ教会(共同)

途中で空襲警報が鳴っても参列者は動こうとせず、ミサは1時間以上続いた。

退役軍人ゼネクさん(66)は「われわれの土地で軍人が次々と死ぬ。ひどい戦争だ。早く終わらせなければならない」と憤った。

ロシア軍の攻撃で死亡したウクライナ軍人のひつぎの前で悲しむ遺族ら=15日、ウクライナ西部リビウの聖ペトロ・パブロ教会(共同)
ロシア軍の攻撃で死亡したウクライナ軍人のひつぎの前で悲しむ遺族ら=15日、ウクライナ西部リビウの聖ペトロ・パブロ教会(共同)
ロシア軍の攻撃で死亡したウクライナ軍人のひつぎの前で悲しむ遺族ら=15日、ウクライナ西部リビウの聖ペトロ・パブロ教会(共同)
ロシア軍の攻撃で死亡したウクライナ軍人のひつぎの前で悲しむ遺族ら=15日、ウクライナ西部リビウの聖ペトロ・パブロ教会(共同)
ロシア軍の攻撃で死亡したウクライナ軍人の葬儀で、涙を浮かべる少女=15日、ウクライナ西部リビウの聖ペトロ・パブロ教会(共同)
ロシア軍の攻撃で死亡したウクライナ軍人の葬儀で、涙を浮かべる少女=15日、ウクライナ西部リビウの聖ペトロ・パブロ教会(共同)


会員限定記事会員サービス詳細