ロシア艦また津軽海峡通過 兵器輸送艦、防衛省が確認

14日に津軽海峡を通過したロシア海軍の兵器輸送艦(防衛省統合幕僚監部提供)
14日に津軽海峡を通過したロシア海軍の兵器輸送艦(防衛省統合幕僚監部提供)

防衛省統合幕僚監部は15日までに、ロシア海軍の兵器輸送艦1隻が14日に津軽海峡を太平洋側から西に進み、日本海へ入ったのを確認したと発表した。ロシア艦艇は駆逐艦など10隻が10~11日にも津軽海峡を航行。14日には、潜水艦3隻を含む6隻が宗谷海峡で確認された。防衛省は、ロシアの意図を分析している。

防衛省によると、海上自衛隊が14日午前9時ごろ、青森県・下北半島の尻屋崎から東北東に約70キロで、兵器輸送艦を発見。その後、津軽海峡に入った。

兵器輸送艦は甲板にクレーンがあり、ミサイルを別の艦艇に運んだり、陸揚げしたりする機能があるという。

会員限定記事会員サービス詳細