投球の機械判定やベース拡大など、マイナーで試験的に

米大リーグ機構のロゴ
米大リーグ機構のロゴ

米大リーグ機構は14日、試合時間の短縮などを目的に、今季のマイナーリーグで投球の機械判定などの試験的な取り組みを実施すると発表した。

機械判定の他には投手の投球間に時間制限を設ける「ピッチクロック」を導入。二塁ベースを挟んで内野手2人ずつが構えるように守備位置を制限し、けが防止のためにベースを大きくする。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細