22年間世界旅行の一家帰国 アルゼンチン

エルマン・サップさん一家=2013年2月、南アフリカ(ゲッティ=共同)
エルマン・サップさん一家=2013年2月、南アフリカ(ゲッティ=共同)

日本を含む世界102カ国、五大陸を22年かけて旅したアルゼンチン人の一家が帰国し、13日に首都ブエノスアイレスの中心部で多くの市民から出迎えを受けた。夫婦2人だった家族は6人に増えた。同国内外のメディアが報じた。

エルマン・サップさん(53)と妻カンデラリアさん(51)の夫妻は2000年1月、1928年製の米国車「グラハム・ペイジ」で旅を開始。当初は米アラスカ州までだった旅程は延び続け、地球約9周に当たる約36万2千キロを移動。旅の途中で4人の子どもが生まれた。エルマンさんは「二つの夢をかなえた。神がくれた世界を知ることと、家族をつくれたこと」と感慨深げに語った。

エルマン・サップさん一家=2009年9月、オーストラリア(ゲッティ=共同)
エルマン・サップさん一家=2009年9月、オーストラリア(ゲッティ=共同)

旅行記を出版し、売り上げなどで費用を捻出。子どもには通信教育を受けさせるなどした。アフリカでエルマンさんがマラリアにかかるトラブルにも見舞われたが、常に出会った人に助けられたという。(共同)

エルマン・サップさん一家=2013年2月、南アフリカ(ゲッティ=共同)
エルマン・サップさん一家=2013年2月、南アフリカ(ゲッティ=共同)

会員限定記事会員サービス詳細