東住吉女児焼死 再審無罪確定の母親への賠償命じる 大阪地裁

平成7年に大阪市東住吉区で小学6年の女児=当時(11)=が焼死した火災で、殺人などの罪で無期懲役が確定し、その後再審無罪となった母親の青木恵子さん(58)が、国と大阪府に計約1億4500万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、大阪地裁は15日、府に約1220万円を青木さんに支払うよう命じた。国への請求は棄却した。

青木さんは、内縁の夫だった男性=再審無罪=と共謀し、保険金目当てで自宅に放火、長女のめぐみさんを殺害したとして、殺人などの罪に問われ、18年に無期懲役が確定。捜査段階での自白が有罪認定の最大の根拠とされたが、28年に始まった大阪地裁の再審公判では、捜査段階で虚偽の自白を強要されたことや、放火ではなく自然発火の可能性などが認められ、無罪となり、確定した。

訴状などによると、青木さんへの取り調べでは捜査員による違法な捜査が行われたと指摘。連日深夜まで及んだ取り調べで青木さんが犯行を否認すると、警察官が「何を言うてるんや」などと怒声を飛ばした。亡くなっためぐみさんの写真を見せるなどして自白を迫った結果、犯行を認める虚偽の供述をしたとされる。

また、警察官の違法な取り調べを検察側が「黙認した」と主張。検察側は公判で取調報告書の開示を拒むなどしており、起訴自体が違法だとも訴えていた。

国や府はこれまでの裁判で、青木さんに対する当時の捜査や起訴について「違法性はなかった」と主張。地裁は昨年11月、国賠訴訟では異例の和解勧告を出したが、国側が協議に出席せず、決裂していた。

大阪府警の田畑修治監察室長は「判決書の内容を精査した上で、今後の対応を決めたい」とコメントした。

東住吉女児焼死火災 平成7年7月22日夕、大阪市東住吉区の木造2階建て民家の1階ガレージから出火。入浴中だった小学6年、青木めぐみさん=当時(11)=が焼死した。大阪府警は保険金目当てに放火し、めぐみさんを殺害したとして、同年9月、殺人などの容疑で、母親の青木恵子さんと内縁の夫を逮捕。2人は無罪を主張したが、18年に無期懲役が確定した。大阪地裁と大阪高裁が再審開始を認め、27年に約20年ぶりに釈放。28年には大阪地裁で2人に再審無罪判決が出て、確定した。

会員限定記事会員サービス詳細