現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

ドラ2左腕から捜査1課長…異色の刑事が今春勇退 「凶悪事件だけを追うな」

今月末で勇退する大阪府警刑事部参事官の江幡和志警視正(左)と、横浜大洋ホエールズ入団時には背番号「19」をつけた現役時代(右)
今月末で勇退する大阪府警刑事部参事官の江幡和志警視正(左)と、横浜大洋ホエールズ入団時には背番号「19」をつけた現役時代(右)

プロ野球の投手から刑事へと転身し、殺人や放火などの凶悪事件を扱う捜査1課のトップまで務めた大阪府警の江幡和志(えばたかずし)警視正(60)=刑事部参事官=が、今月末で勇退する。プロ野球1年目で肩を壊し、心機一転して飛び込んだ警察の世界。花形の捜査1課を中心に刑事の本流を歩んできたが、第二のプロ人生の終幕を控え、後輩たちに伝えたい言葉がある。「凶悪事件だけを追いかける刑事にはなるな」

「二度と挫折せぬ」

昭和54年11月。茨城県立常北高(当時)3年だった江幡氏は、横浜大洋ホエールズ(現横浜DeNAベイスターズ)からドラフト2位指名を受けた。

甲子園の土を踏んだことはない。それでも身長180センチを超える本格左腕は、スカウトの目に原石と写った。背番号はエースナンバー「19」が用意された。

しかし、1年目に肩を壊す。以降はバッティングピッチャーとして、スタンドがファンの熱気で包まれるころには球場を後にした。「やめたい。でも自分には野球しかない」。そんな迷いすら長くは許されない世界。4年目で解雇された。

故郷・茨城から球団の寮へ旅立つ際、地元町長らが万歳三唱で送り出してくれた。期待を裏切り、茨城には戻れない。妻の実家がある大阪へ向かった。

スーパーや鉄工所でアルバイトをしていると、大阪府警に勤めていた義兄から誘いを受けた。それまで警察は苦手な存在。野球一筋のため学力にも自信はなかった。しかし、生活がかかっている。「二度と挫折はしない」との決意で試験に臨み、警察学校に入った。

ランキング

  1. 中3男子、はさみで同級生刺した疑いで逮捕 奈良

  2. 【小林繁伝】資金不足の球団に狙い目の選手は… 虎番疾風録其の四(53)

  3. 【小林繁伝】山口争奪戦のドラフト、一番くじはどこ 虎番疾風録其の四(52)

  4. 神戸の主要国道で車6台絡む事故、8人けが

  5. 【ぬぐえぬ影 連続児童殺傷20年(上)】「命がけで来てんだよな」元少年A、直撃の文春記者に態度豹変 闇に消えたのは「モンスター」なのか

  6. シャープが特損117億円韓国LGに賠償の仲裁判断

  7. 【西論プラス】「独立」問われる今、憲法改正を争点に 大阪文化部長・酒井充

  8. 【小林繁伝】「クリーンな野球」掲げた長嶋、川上との亀裂 虎番疾風録其の四(51)

  9. JA北河内「ハトは5年ほど前から」 枚方市保健所が改善要請

  10. 【関西の議論】「資質に問題あり」「わがまま」…女性市長に反旗を翻した元副市長暴露ブログに物議

会員限定記事