首相「予算修正考えてない」 対露経済協力

参院予算委で答弁する岸田文雄首相=14日午前、国会・参院第一委員会室(矢島康弘撮影)
参院予算委で答弁する岸田文雄首相=14日午前、国会・参院第一委員会室(矢島康弘撮影)

岸田文雄首相は14日の参院予算委員会で、令和4年度予算案に計上した8項目にわたるロシアとの経済協力に関連する約21億円の費用について「今の状況で予算修正は考えていない」と述べた。21億円の費用に、日本企業への情報提供や日本のエネルギー安全保障、人道支援などが含まれていると説明したうえで「たちまち修正することはできない」と語った。立憲民主党の森裕子氏への答弁。

首相はロシアのウクライナ侵略について「強く非難し、国際社会とともにさまざまな厳しい措置を講じている。日本の措置は国際社会からも高く評価されている」と語った。

萩生田光一経済産業相は対露経済協力の予算に関し「事業を前向きに進めるわけではない。進出している日本企業に寄り添っていくための必要なお金だ」と理解を求めた。森氏は「目的外使用にあたる」として、予算案から関連経費を削除するよう求めた。

会員限定記事会員サービス詳細