ロシア軍、黒海沿岸封鎖か 英国防省が分析

英国防省は13日、ウクライナ南部が面する黒海沿岸部をロシア海軍が封鎖したとの戦況分析を公表した。国際的な海上交易からウクライナを孤立させるのが狙いとみている。

ロシア軍が、2014年に強制編入したクリミア半島とロシア本土をつなぐアゾフ海からの上陸作戦を既に実施し、今後数週間で同様の軍事作戦を重ねる可能性があると指摘。海軍がウクライナ全域の標的に対してミサイル攻撃を続けているとの分析も示した。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細