前代未聞 ミレーの「種をまく人」オリジナルとクローンを同時展示 山梨県立美術館

同じコーナーに展示されたミレーの「種をまく人」のオリジナル(左)とクローン文化財=7日、甲府市(平尾孝撮影)
同じコーナーに展示されたミレーの「種をまく人」のオリジナル(左)とクローン文化財=7日、甲府市(平尾孝撮影)

19世紀のフランスを代表する画家の一人であるジャン=フランソワ・ミレーの作品約70点をコレクションする山梨県立美術館(甲府市)で、ミレーのオリジナル作品と、絵画の表面の凹凸まで再現した複製「クローン文化財」を鑑賞できる企画展が15日から開かれる。一般的にオリジナル作品を所有する美術館が、複製を同時に展示することはなく、前代未聞の取り組みだ。

東京芸術大が開発

15~27日の日程で開催されるコレクション企画展「クローン文化財 ミレーの《種をまく人》」では、ミレーの代表作で同館のミレーコレクションの象徴ともいえる「種をまく人」のオリジナルと、クローン文化財を同じコーナーに展示する。

クローン文化財とは、東京芸術大学が文化継承のために取り組んでいる極めて精巧な芸術作品の複製。高精細プリンターなど最新のテクノロジーと専門的な知見、伝統美術の職人芸を組み合わせる画期的な方法を使って、文化財を複製するプロジェクトだ。

絵画だけでなく彫刻、仏像、巻物、祭壇なども精緻に複製する。科学だけでは捉えられない作者の真意を理解する審美眼なども加え、よりオリジナルに近い臨場感を出している。

凹凸をデジタル印刷

今回の「種をまく人」では最新鋭の技術を活用した。オリジナル作品の表面の凸凹を高精細スキャナーで計測。そのデータを使って、白い絵の具をデジタル印刷し、オリジナルと同じ凹凸となる下地を作った。そこに超精細画像データを元に印刷し、さらに、人手による彩色などの調整作業によってクローンを作り上げた。

絵筆の跡や、油絵では一般的な絵の具による盛り上げ、厚みなども表現した。これまで凹凸は手作業で表現していたが、今回は3Dデジタル技術を取り入れ、より本物に近づけたという。さらに、額縁も3Dプリンターで出力したパーツを元に製作し、本物の質感を再現した。

会員限定記事会員サービス詳細