岸田首相「まなじりを決して戦い抜く」 夏の参院選勝利訴え

自民党大会で総裁演説を行う岸田文雄首相=13日午前、東京都港区(矢島康弘撮影)
自民党大会で総裁演説を行う岸田文雄首相=13日午前、東京都港区(矢島康弘撮影)

岸田文雄首相は13日の自民党大会で、夏の参院選について「公明党とともにこの20年間、政治の安定を導いてきた。参院選でも自公連携のもとで勝利し、引き続き政治の安定を担う」と訴え、自民、公明両党の連立政権で勝利を目指す考えを示した。

首相は、ロシアによるウクライナ侵攻を踏まえ「こうした国際社会の変動を含め、いかなる事態が起きても国民生活を守り抜いていく。こうした外交安全保障を進めるためには政治の安定が不可欠だ」と強調。「まなじりを決して戦い抜く。私自身がその先頭に立つ」と述べ、参院選勝利に向けた結束を呼びかけた。

会員限定記事会員サービス詳細