小平、新浜、高木美ら出場 スピードW杯最終戦最終日

女子1500メートルで優勝した高木美帆=12日、ヘーレンフェイン(AP)
女子1500メートルで優勝した高木美帆=12日、ヘーレンフェイン(AP)

スピードスケートのワールドカップ(W杯)最終戦最終日は13日、オランダのヘーレンフェインで行われ、女子500メートルに小平奈緒(相沢病院)郷亜里砂(イヨテツク)らが出場する。

男子500メートルは12日のレースを制した新浜立也(高崎健康福祉大職)や北京冬季五輪3位の森重航(専大)村上右磨(高堂建設)らがエントリー。女子1000メートルは北京五輪金メダルの高木美帆(日体大職)、小平が滑る。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細