御朱印巡り

病気平癒御守とカメに御利益 新潟県五泉市 五泉八幡宮

八幡宮は、病気平癒に御利益がある神社としても知られる。「病気平癒御守」(初穂料700円)は今年の予定数が1月に全て頒布され、現在追加でつくっている。でき上がりは早くて4月末という。

五泉八幡宮の御朱印(本田賢一撮影)
五泉八幡宮の御朱印(本田賢一撮影)

「『病気平癒御守』で難しい病気を克服された方が多くいるようで、治癒したあと、県内外からお礼参りにいらっしゃっている。そうした方々の口コミにより、病気平癒に御利益があると広くいわれるようになったようだ」(近藤さん)

例年6月30日~7月7日に約3千個の風鈴が境内を彩る七夕風鈴祭を開催。昨年は12万人が訪れた。風鈴は全て近藤さんの所有物。総所有数は3998個に上り、さまざまな日本一をサイトで公表している日本一ネットから1月、風鈴の保有数日本一に認定された。

高円宮家と出雲大社から贈られたニホンイシガメの飼育スペース(本田賢一撮影)
高円宮家と出雲大社から贈られたニホンイシガメの飼育スペース(本田賢一撮影)

神社の歴史は古く、元慶3(879)年、京都府八幡市の石清水(いわしみず)八幡宮から分霊を受けて五泉市内に創建。慶安2(1649)年に五泉城が取り壊され、本丸跡地の現在の場所に移された。主祭神は、武家の守り神の誉田和気命(ほんだわけのみこと)(応神天皇)と、その母の気長足姫命(おきながたらしひめのみこと)(神功皇后)だ。(本田賢一)

【五泉八幡宮】 新潟県五泉市宮町5の45。JR磐越西線北五泉駅から徒歩約15分。磐越自動車道安田インターチェンジから車で約15分。参拝者用駐車場あり。通年頒布の御朱印(初穂料300円)と月替わりの御朱印(同500円)の2種類がある。頒布時間は午前8時~午後4時。電話0250・42・3220。

会員限定記事会員サービス詳細