フォト特集

村岡桃佳「やり切った」 最後はメダル逃す

女子回転座位の競技を終え、立位の本堂杏実(左)と笑顔で写真に納まる村岡桃佳=延慶(共同)
女子回転座位の競技を終え、立位の本堂杏実(左)と笑顔で写真に納まる村岡桃佳=延慶(共同)

北京冬季パラリンピック第9日の12日、アルペンスキー女子で最終種目の回転が行われ、冬季大会の日本勢史上初の4冠を狙った座位の村岡桃佳(25)=トヨタ自動車=は5位だった。2大会連続となる全出場種目のメダル獲得は逃し、金3、銀1で大会を終えた。

田中佳子(46)=Tポイント・ジャパン=は6位で、原田紀香(39)=セールスフォース・ジャパン=は8位だった。

村岡桃佳の話 (回転は)自分らしく楽しく滑ろうと思って、何とか滑り切ることができた。やり切ったなという達成感がある。金メダルを今大会で三つ獲得できて、自分にすごくいい点数をつけられると思うぐらいのレースができた。(共同)

競技一覧

会員限定記事会員サービス詳細