話題の本

『【新書版】孫社長にたたきこまれた「数値化」仕事術』 「無能な上」を動かす術

『【新書版】孫社長にたたきこまれた「数値化」仕事術』(PHPビジネス新書)
『【新書版】孫社長にたたきこまれた「数値化」仕事術』(PHPビジネス新書)

『【新書版】孫社長にたたきこまれた「数値化」仕事術』三木雄信著(PHPビジネス新書・1089円)

企業のDX(デジタル・トランスフォーメーション)の取り組みが推進される中、数字で示される情報が多くなった。しかし著者は、経営トップやマネジャーが何の根拠もない数値目標を掲げ、現場にほうり投げている企業が少なくないと指摘する。その結果、社員が無意味な努力で心身をすり減らし、意欲を低下させている企業が多いという。

経営者が数字を使いこなせないからといって「上が無能」と現場が愚痴を言っても目の前の問題は解決しない、と著者は説く。本書は現場で問題に直面している若手らに、解決に向けて〝上〟に重い腰を上げさせるテクニックを指南する内容だ。

平成29年に刊行され、6万部を突破したベストセラーを加筆・修正して新書化。時代に合っていたのか、すぐに重刷され好評を博している。

著者は、ソフトバンクの創業者・孫正義氏のもとで多くのプロジェクトを手掛けた経験のある起業家。現場の社員が自分で必要な数字を選び、分析して問題解決に役立てられるよう具体的な手法も示した。数値化の効果を説明しつつ、「立場が上の人や声が大きい人」でも、根拠がなければ意見が通らなくなると現場にエールを送る。

(寺田理恵)

会員限定記事会員サービス詳細