プレイステーション5が入手困難ないま、「あえてPS4を買う」ことの合理性について考える

発売から1年以上が経ってなお入手困難な状況が続く「プレイステーション 5(PS5)。だが、PS5専用のゲームタイトルが少ないことを考えれば、「プレイステーション 4(PS4)」を購入するという選択肢はどうだろうか?

「プレイステーション 5(PS5)」が発売されて1年以上が経ったが、いまだに最も入手困難なガジェットのひとつである。こうしたなかブルームバーグの1月12日の記事が、ソニーが2021年末で生産終了になる予定だった「プレイステーション 4(PS4)」の生産を継続することで、在庫の不足分を補う計画であると報道した[編註:ソニーは報道にあった生産終了の計画そのものを否定している]。

こうした話は、自動車の供給不足を自転車の増産で補うような発想にも感じられる。だが、本当にそこまで非合理的な話なのだろうか?

この報道に対する反応は予想された通りで、嘲笑が入り混じるものだった。しかし、同じブルームバーグの記事によると、ソニーの広報担当者はPS4の生産継続が当初からの計画だったと説明している。実際のところ、これまでも新しいゲーム機が発売されても旧製品の販売は継続されるものだ(マイクロソフトは「Xbox Series X」と「Xbox Series S」を2020年11月に発売したあと、「Xbox One」の生産を2020年末に終了していたことを今年1月に明らかにしている)。

ところが、今回のPS5を巡る状況は、これまでとは少し違う。長引くサプライチェーンの問題、相次ぐゲームの発売延期、前世代のゲーム機の高い完成度──。旧モデルのゲーム機を購入する理由は、これまでよりたくさんあるかもしれない。

いまだに続く半導体不足の問題

『WIRED』US版では2021年夏、半導体不足が原因でほぼすべてのガジェットが入手困難になっているという記事を公開している。その記事がまるで100万年も前のように感じられるのだが、いまも状況はあまり変わっていない。

世界のサプライチェーンには、2020年に勃発した危機の影響がいまだに残っている。ガジェットの需要が急増すると同時に工場が閉鎖を余儀なくされ、まるで湖に巨大な岩を落としたかのような状況に陥ったのだ。そして最初の水しぶきが収まったあとも、しばらく波紋は広がり続ける。

21年のホリデーシーズンにPS5の入手が大変だったのは、それが理由だ。確かに転売業者も問題だが、状況は複合的なものである。店頭に並ぶゲーム機が減ると争奪戦が激化し、自動購入ボットの需要が高まり、普通の人がゲーム機を手に入れることが難しくなるという理屈だ。

一方、PS4はPS5より製造コストが安いので、販売価格も安い。また、旧型のチップを搭載しているので、部品を調達しやすい。つまり、すぐに量産できるということだ。店頭に並ぶPS4が増えれば、PS5の販売を求める圧力がいくらか軽減される。これはすべての人にとってプラスになる。

もちろん、ソニーを批判している人々はPS5を欲しがっており、代わりにPS4を差し出しても問題は解決しない。だが、PS4にはいまだに素晴らしいゲームがあるのだ。プレイステーションなら何でもいいというお父さんゲーマーや、8歳の子どもにゲーム機を買ってあげる親などは、そこまで気にしない可能性がある。

プレイステーションを欲しい人すべてがPS5を購入しなければならないとしたら、需要の問題は悪化する。だが、どのモデルでも構わないと考えている層が、より安い、あるいは入手しやすいゲーム機を購入できるようになれば、ボットはともかく、PS5しか眼中にない人々が目当てのゲーム機を購入する余裕が生まれる。それだけでも、PS4の生産と販売を継続する理由としては十分だろう。

会員限定記事会員サービス詳細