一聞百見

風の彫刻家・新宮晋 あふれる三田愛と未来志向

彫刻家で絵本作家としても人気が高い新宮晋さん=兵庫県三田市(鳥越瑞絵撮影)
彫刻家で絵本作家としても人気が高い新宮晋さん=兵庫県三田市(鳥越瑞絵撮影)

風や水で動く彫刻作品で世界的にその名を知られる新宮晋さん(84)は「風の彫刻家」と呼ばれ、絵本作家としても人気が高い。豊かな発想の源といつまでも若々しい理由を聞くために、雪が舞う兵庫県三田市のアトリエを訪ねた。

サンダリーノ誕生

JR福知山線の新三田(しんさんだ)駅を降り、タクシーで山里を目指すこと約30分。新宮さんのアトリエは人里離れたところに、まるで隠れ家のように建っている。

山の麓。すぐそばには池がある。自然に抱かれたこの場所で、新宮さんは作品のアイデアを練り、絵本のストーリーを考える。

もともと大阪府豊能町にあったアトリエが手狭になり、三田に移したのは平成2年のこと。

「三田なんかどう?」

そう元兵庫県知事の坂井時忠氏(1911~90年)に勧められ、引っ越してきたのだという。24年後には市内の兵庫県立有馬富士公園に、風で動く自身の大型彫刻12点を常設した「風のミュージアム」もできあがった。そこを舞台に「能」や「ジャズ」などのさまざまなイベントを開いて人々と触れ合ううちに、この地にすっかりほれ込んでしまった。

「三田愛」を示すエピソードには事欠かない。パリにもアトリエを持つ新宮さんはある朝、そこで目覚めたときに、なぜか三田ゆかりのキャラクターを「ふと思いついた」のだそうだ。

それは雷とともに三田に落ちてきたサンダルばきの宇宙人「サンダリーノ」。村に住む女の子とすぐに仲良くなって、地球が大好きになってゆくというストーリーが、スラスラとあふれ出てきた。

「最初はあまり自信がないので、まず知り合いのイタリア人に話してみました。するとむちゃくちゃ喜んで聞いてくれたので、自信を持ちましたね」

アトリエそばの池にある自分の作品の前でキャラクター「サンダリーノ」と写真に収まる美術家の新宮晋さん=兵庫県三田市(鳥越瑞絵撮影)
アトリエそばの池にある自分の作品の前でキャラクター「サンダリーノ」と写真に収まる美術家の新宮晋さん=兵庫県三田市(鳥越瑞絵撮影)

それまで、新宮さんはパリのガリマール社などから絵が飛びだすポップアップの仕掛けを施した絵本を2冊出していたが、この話もまた担当編集者の心をつかみ、3年前にはフランス語版(ガリマール社)、イタリア語版(リポカンポ社)とともに日本でも「サンダリーノ どこから来たの?」(BL出版)というタイトルのポップアップ本として出版された。

「サンダリーノは海外で有名にならないといけないのですよ。それで小さなサンダルというイタリア風の名前にしたんです」

アートはメルヘン

もちろん「三田」に引っかけた名前だが、新型コロナウイルス禍を抜け人々が自由に往来できるようになったとき、四季の移ろいを眺めるだけでも田園風景をたっぷり楽しめるこの里に、「サンダリーノ」をたずねる人が世界中から集まってきますように-。そんな願いが込められている。

「今、このお話を長編小説にしようと思ってるんですよ。(世界的に有名なファンタジー小説の)ハリー・ポッターシリーズくらいの。それくらい物語がふくらんでいくんです」

早速、歌も作った。新宮さんが作詞、アメリカのバークリー音楽大学を出たギタリストの清野拓巳(せいのたくみ)さんが作曲したもので、12日には三田市総合文化センターのホールで三田少年少女合唱団も加わってお披露目された。

実は清野さん、昭和50年に新宮さんが出した「いちご」という絵本に触れ、新宮ファンになった一人。「アートっていうのは理解できないものであってはならないと思います。だから、アートはメルヘンであってもいいのです」

人との出会いを紡ぎながら、新宮さんの夢はアートを超えてゆく。

過去よりも未来

父の春三さん(右から3人目)を中心に昭和20年ごろ家族で撮影した写真。右から2人目が新宮さん(本人提供)
父の春三さん(右から3人目)を中心に昭和20年ごろ家族で撮影した写真。右から2人目が新宮さん(本人提供)

大阪府豊中市に4人兄弟の末っ子として生まれた。総合商社に勤める父親は海外駐在も多かったが、家にはその父が集めた書物や、焼き物などであふれていた。なかでも古裂(こぎれ)(骨董(こっとう)価値が高い古い布)のコレクションはかなりのレベルだったそうで、石井柏亭(はくてい)や上村松園(しょうえん)といった著名な画家が着物や小道具を描く参考にするため、借りにくることもあったという。

幼い頃から絵を描くことが好きだった晋少年の習作を、父はそうした大家に披露していたらしい。「借りないといけないから、みんな『大画家になれる』とほめてくれるんです。おやじはすごく喜んでました」

小学4年のとき遠縁の洋画家、小磯良平に絵を見せたところ「あんたがカッカするほど、晋くんは特別じゃない」と冷や水を浴びせられたそうだ。さらに「中学になったら野球をやるようになるから」と。

しかし、晋少年はずっと絵を描いた。豊中高校から念願の東京芸術大学に進み、縁のある小磯教室に入って油絵を学ぶ。卒業後には、奨学生としてイタリアに留学。画家のフランコ・ジェンティリーニに学ぶうち、具象絵画から抽象絵画へ、そして立体へと創作のスタイルを変化させていった。

ケネディ米大統領が暗殺され、マリリン・モンローが自殺する激動の時代。新宮さんもどんどん前に進んで行った。「過去はもういいんです。もったいないとは思わない。自分でも不思議なほど、過去よりも未来が明るく見える」

イサム・ノグチとの出会い

画家から立体作家になって帰国し、昭和45年の大阪万博に風や水の力で動く「フローティング・サウンド」などの彫刻作品を出展した。これが認められ、ハーバード大学から客員芸術家として招かれてアメリカに渡る。「しがみついたら教授になれた」のだが、小型飛行機の操縦免許を取得すると、昭和48年にあっさり帰国。大阪府豊能町の山村にアトリエを作って創作に取り組んだ。

昭和45年に出展した彫刻作品「太陽と友だち」とともに=43年(本人提供)
昭和45年に出展した彫刻作品「太陽と友だち」とともに=43年(本人提供)

「飛行機の免許を取ったのは、島に住みたいと思ったから。こもって創作したかったんですよ」

50年に最初の絵本「いちご」を出版する。米国で世界的な彫刻家のイサム・ノグチと知り合ったのがきっかけだったらしい。ノグチのアトリエでの昼食の後、デザートにイチゴが出た。新宮さんが「僕はイチゴのことならなんでも知っています」と話すと、ノグチは「僧侶は路傍の石に世界があるというけど、あなたもそれと同じだな」とあきれて言った。

「いちご」はそれをもとに帰国後、絵本にした作品で、できあがりをノグチにも、小磯にも見せた。

「ノグチさんは僕の文章を気に入ってくれていて、すごく面白いと言ってくれました。絵も悪くないねって。小磯先生は『これ、外国人が作った本みたいやなあ』と」

「風の彫刻家」は、その後も立体作品を制作するかたわら、「くも」などの絵本も手掛けてゆくのだが、「いちご」はそのきっかけとなった思い出の1冊なのだ。

小磯良平に言われて

自作のポップアップ本を開いて、目を細める新宮晋さん=兵庫県三田市(鳥越瑞絵撮影)
自作のポップアップ本を開いて、目を細める新宮晋さん=兵庫県三田市(鳥越瑞絵撮影)

雪がやみ、アトリエ脇の池に設置された立体作品「光のさざ波」が風を受け、ヒラヒラと舞っている。

自然エネルギーで動く屋外彫刻作品は1973(昭和48)年に、ペプシコーラで有名な米ニューヨーク州のペプシコ本社で開いた個展をはじめ、82(同57)年、ダラスのモービルオイル研究所やボストンのニューイングランド水族館などに設置されて高い評価を受けた。

「創作は屋外彫刻しか考えていなかったんです。ところがある日、小磯先生が自分でできないことを僕に押し付けてきた」

昭和59年、ゴムで動く超軽量飛行機の映像を見た師・小磯良平の「君、あれちょっと考えたらどうや」という一言で、新宮さんは室内でも動く軽量彫刻を作る。かすかな空気の揺れを捉えて複雑に動くその室内彫刻は創作の幅と活躍の舞台を広げた。

兵庫県立近代美術館での初個展「呼吸する彫刻たち」で作品を見た小磯にほめられたことを、新宮さんは今も覚えている。その展覧会を契機にドイツから声がかかり、1987(昭和62)年にはドイツのブレーメンからスペイン、イタリア、フィンランドを巡回する野外彫刻展「ウインドサーカス」を展開。世界中の人と彫刻との出合いをテーマにした企画だった。

翌年、ソウル五輪の国際彫刻シンポジウムに招かれ、ウインドサーカスで米国を回り、その次の年にはヘンリー・ムーア大賞展で特別優秀賞を受賞。パリでも個展を開く。

関西国際空港ターミナルビルの国際コンペで勝って初来日したイタリアの世界的建築家、レンゾ・ピアノ氏が「新宮に会いたい」と連絡してきたのもこの頃。今もコラボレーションを続ける間柄だという。

アートの枠を超え

フィンランドやモロッコ、モンゴルなど世界各地に風で動く彫刻を展示しながら「キッピスと仲間たち」という野外舞台を企画したり、ファッションデザイナー、三宅一生氏のショーの舞台製作を行ったりと、アートの枠を超えて活動してきた。

平成19年には自然と共存する村を作る「ブリージング・アース」というプロジェクトを始める。「素晴らしい地球を汚すことなく、次世代へ伝える責任が地球人にはある」と考え、効率のよい風車や村づくりのため、世界中を回った。

「でも、各地で現実の壁に阻まれてうまくいかなかった」。アーティストが金のかかる自然エネルギー事業に首を突っ込んだところで、ろくなことにならない-。英国の風力専門家にもさとされ、目が覚めたそうだ。「それなら、地球を守るための未来のジェネレーション(世代)を育てよう」。そう考えたのが「地球アトリエ」構想だ。

若い世代のため、兵庫県の有馬富士公園の一画にアトリエや展示施設、劇場などを備えた芸術・文化の体験型施設を整備する。県が総工費約30億円をかけ、令和6年春にオープンする、という運びだった。

ところが知事が代わり、新型コロナウイルス禍もあって棚上げに。「考えてみれば建物だけの問題でしょ? ほかにも策はあります。今年1年かけ『地球アトリエ』の新しいプログラム作りをやっていきますよ」。風の彫刻家は、いつまでも若々しい。

新宮晋さん=兵庫県三田市(鳥越瑞絵撮影)
新宮晋さん=兵庫県三田市(鳥越瑞絵撮影)

しんぐう・すすむ 昭和12年7月、大阪府出身。東京芸術大学で絵画を学び、35年にイタリア留学、立体作品を作り始める。41年に帰国後は風や水で動く彫刻を発表し続けて注目を浴び、国内外での個展も多数。絵本作家としても知られるほか、舞台作品も発表し続けている。

会員限定記事会員サービス詳細