MBS「政治的公平性に甘さ」 維新幹部ら出演番組

毎日放送(MBS)本社=大阪市北区
毎日放送(MBS)本社=大阪市北区

毎日放送(大阪市、MBS)は11日、1月に放送したトーク番組に日本維新の会を創設した橋下徹氏と現代表の松井一郎大阪市長、副代表の吉村洋文大阪府知事がそろって出演したことに関する、社内調査結果の概要を公表した。3氏の同時出演は高視聴率を意識したものとし、放送法が定める政治的公平性に対する認識の甘さがあったとした。

番組は1月1日に関西ローカルで放送した「東野&吉田のほっとけない人」。タレントと3氏がトークをかわす収録番組で、放送後に視聴者から「維新に偏っている」といった意見が多く寄せられ、社内調査チームが検証していた。

番組は制作スポーツ局が制作。3氏の起用について担当者たちは「1年を総括するにあたり面白いと思った」「維新の衆院選躍進を扱うときは『調子に乗ってない?』という批判的なナレーションを入れる工夫もした」と話したという。

松井、吉村両氏の出演交渉は報道情報局が行った。幹部は番組内容に問題があると思ったが、「(制作側が)視聴率を狙いにいった番組で、収録したものを放送しないのは難しいと感じていた」と証言。一方の制作スポーツ局側は「報道が関与しているなら内容的にも理解してもらっている」という認識で、番組のチェック態勢も表現や用語の確認などにとどまるなど、形骸化していたという。

調査チームは「番組の多角的な精査や組織的な検討が圧倒的に不足」「社内には政治的公平性について認識がなかったわけではないが、制作、編成の現場にまで正しく浸透していなかった」と報告。社員への研修を行うほか、組織を再編して番組のチェック態勢を強化するとしている。

会員限定記事会員サービス詳細