皇室ウイークリー

(734)両陛下、沖縄復帰式典にご臨席へ 秋篠宮さま、林業関係者にお言葉

林業の発展に貢献した個人や団体を表彰する式典終了後、表彰を受けた関係者と言葉を交わされる秋篠宮さま=8日午前11時32分、東京都港区
林業の発展に貢献した個人や団体を表彰する式典終了後、表彰を受けた関係者と言葉を交わされる秋篠宮さま=8日午前11時32分、東京都港区

天皇陛下は7日、皇居・宮殿で、ペルーとコソボの新任駐日大使の信任状捧呈式に臨まれた。10日には、カンボジアとギリシャの新任大使から信任状の捧呈を受けられた。

天皇、皇后両陛下が5月15日、沖縄の日本復帰50年を記念して東京、沖縄の2会場で行われる式典にオンラインで臨席されることが、8日の閣議で決まった。沖縄復帰の記念式典にはこれまで、復帰の年の昭和47年に昭和天皇と香淳皇后が臨席したほか、復帰20年の平成4年には上皇ご夫妻が出席されている。

沖縄の復帰を記念する式典で、出席者とともに万歳をする昭和天皇と香淳皇后=昭和47年5月15日、日本武道館
沖縄の復帰を記念する式典で、出席者とともに万歳をする昭和天皇と香淳皇后=昭和47年5月15日、日本武道館

宮内庁は10日、両陛下の長女、敬宮(としのみや)愛子さまが17日、お住まいの皇居・御所で、成年に際しての記者会見に臨まれると明らかにした。愛子さまのご会見は初めての機会となる。側近によると、愛子さまは現在、成年までの出来事を振り返りながら、準備を進められているという。

秋篠宮さまは8日、石垣記念ホール(東京都港区)を訪問し、林業の発展に貢献した個人や団体を表彰する式典に臨席された。式典は秋篠宮さまが総裁を務められている大日本山林会が主催した。

秋篠宮さまはお言葉で「林業は、森林の維持・培養を通じて、国土の保全や水源の涵養、木材の生産など、国民の生活や経済にとって大切な役割を果たしています」とご説明。その上で、近年は地球温暖化防止や生物多様性保全のため「持続可能な森林管理への社会的要請が一層高まってきております」と指摘された。また、戦後植林された人工林が活用できるようになってきたとして、「国内の豊富な森林資源を循環的に利用し、森林と林業、そして木材産業を持続的に成長発展させていくことが重要な課題」と述べられた。

林業の発展に貢献した個人や団体を表彰する式典でお言葉を述べられる秋篠宮さま=8日午前11時7分、東京都港区
林業の発展に貢献した個人や団体を表彰する式典でお言葉を述べられる秋篠宮さま=8日午前11時7分、東京都港区

式典終了後、秋篠宮さまは表彰を受けた林業関係者の代表に言葉をかけられた。林野庁長官賞を受賞した「山本木材」(兵庫県丹波市)の男性社長に、「一番古い木はどれくらいのものがありますか」とご質問。男性が「100年以上のものがいくつかあります」と回答すると、秋篠宮さまは「背が高いでしょうね」と感心されていた。

会員限定記事会員サービス詳細