山健組本部事務所に使用差し止め申請 暴追センター

山健組の本部事務所=神戸市中央区
山健組の本部事務所=神戸市中央区

神戸市中央区花隈町の特定抗争指定暴力団山口組直系「山健組」事務所と近隣の暴力団施設について、「暴力団追放兵庫県民センター」(暴追センター)は11日、地元住民約40人の代理として、暴力団事務所としての使用差し止めを求める仮処分を神戸地裁に申し立てた。

申し立ての対象は、本部事務所や通称「山健会館」といった関連の6施設など。山健組は山口組5代目組長の出身母体で、かつては山口組内で大きな影響力を誇っていた。平成27年の分裂の際、山口組を離脱し、神戸山口組の中核組織となったが、昨年、山口組に合流した。こうした経緯から同センターは、山健組と神戸山口組の両組織に使用差し止めを求めた。

同様の仮処分の申し立ては全国で20件目。同センターの代理人、垣添誠雄弁護士は「山健組は半世紀にわたって、この地域を暴力的に支配してきた。このたび立ち上がった住民の方々の勇気と決意をたたえたい」と話した。

会員限定記事会員サービス詳細