ロッテ佐々木朗「思ってもらうことに意味」 東日本大震災から11年

東日本大震災から11年となり、取材に応じるプロ野球ロッテの佐々木朗希投手=11日午前、千葉市
東日本大震災から11年となり、取材に応じるプロ野球ロッテの佐々木朗希投手=11日午前、千葉市

東日本大震災から11年を迎えた11日、津波で甚大な被害を受けた岩手県陸前高田市出身で、父と祖父母を亡くしたロッテの佐々木朗希投手がZOZOマリンスタジアムで取材に応じ「つらさや悲しみはなかなか消えないとは思うが、その中でも今、沢山の方々の支えがあって野球に打ち込めている」と心境を語り、周囲への感謝を口にした。

風化への懸念や震災を知らない子供たちも増えている。プロ野球選手という影響力のある立場となり「話すことで(震災を)思ってもらうことに意味があるのかなと思う。子供たちには、今ある当たり前のことや身近にいる大切な人たちのことを当たり前だと思わずに向き合ってもらえたら」と語った。

昨季は5月に1軍デビューを果たし、11試合に登板。3勝2敗、防御率2・27、68三振を奪った。3年目の今季は、5日のソフトバンクとのオープン戦で球速163キロを計測するなど順調な仕上がりで、開幕ローテーション入りが確実視されている。「昨季よりも多くの試合数を投げて、結果を残して、沢山の人に喜んでもらえるように頑張りたい」と活躍を誓った。

会員限定記事会員サービス詳細