「泥棒に黙秘権あるか」取り調べ違法と認定 津地裁

津地方裁判所=津市
津地方裁判所=津市

盗難事件をめぐり三重県警の取り調べを受けた女性(64)が「泥棒に黙秘権があるか」と恫喝(どうかつ)されたなどとして、県に慰謝料など120万円の損害賠償を求めた訴訟で、津地裁は10日、「取り調べの違法性は顕著だ」として70万円の支払いを命じた。

竹内浩史裁判長は判決理由で、自白の強要にもなり得る方法で恐怖感や疲弊感を与えたと指摘。「黙秘権を侵害し、人格を繰り返し否定した。社会通念上相当な限度を明らかに超えた」と判断した。

判決によると、女性は平成29年12月、県警鳥羽署で任意で取り調べを受けた。警察官は黙秘権を告知せず、刑務所に入れるなどと脅すような発言を繰り返した。女性はその後、不起訴となった。

県警は「今後の対応については、判決内容を検討した上で判断したい」とのコメントを発表した。

会員限定記事会員サービス詳細