産経新聞販売所配達員らとパトロール 大阪・浪速署

新聞配達員も協力するパトロールの出発式=11日、大阪市浪速区の浪速署
新聞配達員も協力するパトロールの出発式=11日、大阪市浪速区の浪速署

深夜~早朝帯の性犯罪などの街頭犯罪を防ごうと、浪速署が産経新聞販売所などの配達員と協力して地域の防犯パトロールを行う取り組みが11日始まり、出発式が行われた=写真。

同署によると昨年、管内の屋外で発生した性犯罪は26件。うち半数の13件が深夜から早朝にかけて起きたという。車上狙いも多く発生しており、署員が「人気のない時間帯に、新聞を配達する配達員の力を借りられないか」と協力を呼びかけた。

取り組みには、産経新聞日本橋販売所など大阪市浪速区内の新聞販売所が参加。配達員は自転車にパトカーの赤色灯のように点滅するライトを装着して新聞配達を行い、犯罪抑止を狙う。

この日の出発式は、同署の山本一雄署長や同販売所の西谷茂人所長らが出席。西谷所長は「普段の配達の中で配達員にも防犯という意識を持ってもらい、少しでも被害減少につながればうれしい」と意気込んだ。

会員限定記事会員サービス詳細