首相、韓国次期大統領と電話会談 早期対面で一致

出邸する岸田文雄首相=11日午前、首相官邸(矢島康弘撮影)
出邸する岸田文雄首相=11日午前、首相官邸(矢島康弘撮影)

岸田文雄首相は11日午前、韓国の次期大統領に選出された尹錫悦(ユンソンヨル)氏と電話会談し、早期の対面による会談を行うことで一致した。

慰安婦やいわゆる徴用工訴訟問題で「戦後最悪」と言われるほど冷え込んだ日韓関係の改善に向けて協力することも確認した。

会談は約15分間行われた。首相は日韓関係について「1965年の国交正常化以来、築いてきた日韓の友好協力関係の基盤に基づき、関係を発展させていく必要がある。尹氏のリーダーシップに期待する」と伝えた。尹氏は「日韓関係を重視しており、関係改善に向けて共に協力していきたい」と応じた。

首相は「健全な日韓関係はルールに基づく国際秩序を守り、世界の平和、安定、繁栄を確保する上で不可欠だ」とも伝えた。

核・ミサイル開発や拉致問題を含む北朝鮮への対応をめぐり緊密に連携することを申し合わせた。東アジア地域の平和と安定に向け首相は、日韓米3カ国による連携の重要性にも言及した。

尹氏は11日で発生から11年を迎えた東日本大震災についてもお見舞いの言葉を述べた。

>首相「韓国次期大統領のリーダーシップ期待」 発言詳報

会員限定記事会員サービス詳細