生きもの好〝紀〟心

春の風物詩 シロウオ住む川、いつまでも

透き通る体が美しいシロウオ(国島大河学芸員提供)
透き通る体が美しいシロウオ(国島大河学芸員提供)

厳しい冬が過ぎて春が訪れると、生き物の様相も変化していきます。ちょうど今くらいの時期にみられ、春の風物詩として知られる魚の一つがシロウオです。シロウオは、体長が5センチほどのハゼの仲間で、透き通る美しい体を持つことから、英語では「アイスゴビー」と呼ばれています。

普段、内湾で暮らしているシロウオは、初春になると産卵のために河川を遡上(そじょう)し始めます。海水と淡水が混じり合う汽水域へたどり着くと、オスが小さな口で一生懸命砂利を運び、石の下などに巣穴を掘ってメスを誘い込みます。年魚であるシロウオは、産卵を終えると短い生涯の幕を閉じますが、そこから孵化(ふか)した仔魚たちは海へ下り、次の世代を担っていくのです。

また、同じく透き通った体を持つシラウオという別の種類の魚もいます。シラウオを「シロウオ」と呼ぶ地方もあり、漢字で書くとどちらも「白魚」と、混同されがちではありますが、こちらは広く捉えればサケの仲間。よくみると頭部や鰭(ひれ)の形状が違うため、両者は全く違うグループであることが分かるかと思います。気になる方は、その姿をぜひ調べてみてください。

シロウオといえば生きたまま食べる「踊り食い」が有名で、卵とじやてんぷらなどでも食されます。和歌山県内は、古くから漁が行われてきました。その漁法は少し変わっており、四手網(よつであみ)と呼ばれる漁具を汽水域に沈め、網の上をシロウオが通ったときにタイミングよく引き上げて捕まえるというものです。

県内では、特に湯浅町・広川町地域で盛んに行われており、盛期には川べりに漁をするための櫓(やぐら)がいくつも並び、ダイナミックに網を上げる様子はなかなか見ごたえがあります。シロウオは満潮近くの上げ潮時によく遡上するため、潮のタイミングを見計らえば漁の様子を見ることができると思います。

そんなシロウオは近年、数を減らしています。県のレッドデータブックでは絶滅危惧Ⅱ類に選定されており、その保全が求められているほどです。

シロウオはその一生の中で海と川、どちらの環境も利用します。言い換えれば、どちらかの環境が悪くなっただけでもうまく子孫を残せずに個体数が減ってしまうのです。特に産卵の場所である汽水域の環境改変は、彼らにとって致命的な影響を与えてしまうことがあります。「美しいシロウオの遡上が春の訪れを告げる」。そんな川をいつまでも残していきたいものですね。(和歌山県立自然博物館学芸員 国島大河)

会員限定記事会員サービス詳細