「平和」の訴えは魂の叫び IPC会長、露除外は正解

インタビューに応じるIPCのアンドルー・パーソンズ会長=10日、北京(共同)
インタビューに応じるIPCのアンドルー・パーソンズ会長=10日、北京(共同)

国際パラリンピック委員会(IPC)のアンドルー・パーソンズ会長(45)=ブラジル=が10日、共同通信のインタビューに応じ、北京冬季パラリンピックで最も訴えたいテーマを「平和」だと述べた。

開会式で「ピース!(平和を)」と声を張り上げた場面は、リハーサルなしで「魂の叫び」だったと説明。ウクライナに侵攻したロシアと、それを支援したベラルーシを大会から除外した決断は正しかったと強調した。

インタビューに応じるIPCのアンドルー・パーソンズ会長=10日、北京(共同)
インタビューに応じるIPCのアンドルー・パーソンズ会長=10日、北京(共同)

障害者スポーツの祭典は違いを認め合う「多様性」や「共生」を理念に掲げるが、同会長は「戦時下での大会で重要なメッセージは平和だった」と異例の訴えとなった背景に言及。苦難に直面しながらメダルを量産するウクライナ選手団の活躍を「驚異的で信じられない精神力だ。表彰台を独占した場面は特別な瞬間だった」と称賛した。(共同)

インタビューに応じるIPCのアンドルー・パーソンズ会長=10日、北京(共同)
インタビューに応じるIPCのアンドルー・パーソンズ会長=10日、北京(共同)
インタビューに応じるIPCのアンドルー・パーソンズ会長=10日、北京(共同)
インタビューに応じるIPCのアンドルー・パーソンズ会長=10日、北京(共同)
インタビューに応じるIPCのアンドルー・パーソンズ会長=10日、北京(共同)
インタビューに応じるIPCのアンドルー・パーソンズ会長=10日、北京(共同)


競技一覧

会員限定記事会員サービス詳細