全国初、制服にユニクロ採用 埼玉・大宮北高

制服として選択できるようになるユニクロの商品を着た大宮北高の生徒(ユニクロのホームページから)
制服として選択できるようになるユニクロの商品を着た大宮北高の生徒(ユニクロのホームページから)

さいたま市立大宮北高(同市北区)は新年度から、カジュアル衣料品店「ユニクロ」の既製商品を制服として採用すると決めた。現行の制服との選択が可能で、ユニクロを選んだ場合、価格は5分の1程度に抑えられる。ユニクロを展開するファーストリテイリングによると、学校の正式な制服への商品の採用は全国初となる。

現行の制服は、男子は黒色の学生服、女子は紺色のブレザーとボックススカートと決まっている。ただ、スラックスを希望する数人の女子生徒に対しては、市販の製品の着用を認めている。

ジェンダーレスの観点から多様性を尊重する考え方も踏まえ、学校側は制服を時代に合ったものに変える必要があると判断。在校生や保護者らへのアンケートなどを通じて「安価でシンプル、スマートな機能的標準服」というコンセプトをまとめ、これを満たすものとしてユニクロを選んだ。

制服を廃止する可能性についても議論したが、生徒らから「何を着ればいいか分からない」「家庭の経済事情が反映されてしまう」との意見が出たため見送ったという。

新たな制服は4月に入学する新1年生から選択することができる。指定されたユニクロのジャケット、パンツ、スカート、シャツとポロシャツの中から生徒が好きな組み合わせを選ぶ。現行の制服の購入費が5万円程度であるのに対し、ユニクロの場合は1万円程度でそろえることができる。

筒井賢司教頭は「教育費用の削減につながり、生徒が自分で判断して選ぶ力も身に付く。性別にとらわれないジェンダーレスの意識づけもできれば」と話している。

ファーストリテイリングによると、制服としての採用は大宮北高が初めてだが、三重県の公立中では、正式な制服とは別の「準制服」に選ばれているケースがある。(中村智隆)

会員限定記事会員サービス詳細