自民電力安定供給議連、原発稼働求める決議採択

自由民主党本部=東京都千代田区永田町(斎藤良雄撮影)
自由民主党本部=東京都千代田区永田町(斎藤良雄撮影)

自民党の電力安定供給推進議員連盟(細田博之会長)は10日の会合で、原子力発電所の早期稼働を求める決議を全会一致で採択した。近く政府に提言を提出する。

細田氏は会合で、ウクライナ侵攻の影響でロシアからの原油や液化天然ガス(LNG)の輸入が滞る可能性を踏まえ、「われわれは柔軟かつ適切に経済の変化、エネルギー問題の環境変化に対応しないといけない」と強調した。

さらに、東日本大震災に伴う東京電力福島第1原発事故への対応が「まだまだ十分に行われていない」とした上で「日本の立場で複合的に、(エネルギー構成の)ベストミックスのあり方を考える最も大事な時期に来ている。真摯(しんし)に(原発)再稼働に向けて努力していきたい」と述べた。

現在稼働している原発は、廃炉決定済みを除く全36基のうち10基にとどまっている。

会員限定記事会員サービス詳細