首相、同調には慎重 米の露産原油輸入禁止

岸田文雄首相=9日午前、首相官邸(矢島康弘撮影)
岸田文雄首相=9日午前、首相官邸(矢島康弘撮影)

岸田文雄首相は9日、ロシアによるウクライナ侵攻を受けた制裁の一環としてバイデン米大統領が表明した露産原油や天然ガスの輸入禁止について、当面は同調しない考えを明らかにした。首相は米国の輸入禁止措置は同盟国の参加を前提にしていないとの認識を示した上で「(エネルギーの)安定供給と安全保障を国益とし、G7(先進7カ国)をはじめ国際社会と連携して取り組みたい」と述べた。官邸で記者団の取材に答えた。

会員限定記事会員サービス詳細